二日酔いになりやすいお酒・なりにくいお酒とは?

  1. 二日酔いになりやすいお酒・なりにくいお酒とは?

二日酔いになりやすいお酒・なりにくいお酒ってあるの?

お酒は3種類に分けられる

お酒は「醸造酒」と「蒸留酒」、「混成酒」の3つに分けられ、セレクト次第で二日酔いになりやすいかどうか変わってくると言われています。それぞれの特徴と二日酔いにどう関係するのかを調べて、二日酔いで苦しまずに楽しめる飲み方を考えました。

お酒のタイプ 特徴と含まれる成分
醸造酒
(日本酒・赤ワイン・白ワイン・ビールなど)
蒸留酒に比べるとアルコール度数が低い。
穀物や果実に酵母を作用させアルコール発酵させている。
蒸留していないので不純物(果実の皮や種など)が混ざっている。
蒸留酒
(ウィスキー・ブランデー・テキーラ・バーボン・ウォッカ・ジン・ラム・焼酎・泡盛など)
醸造酒よりもアルコール度数が高い。
醸造酒をさらに蒸留して作っている。
不純物は入っていない。
※メタノール含有
→ウィスキー・ブランデー・テキーラ・バーボンなど
混成酒
(果実酒・リキュール類)
醸造酒や蒸留酒に香りや糖分で調整を加えている。
元になっているお酒の度数によってアルコール度数がかなり異なる。

醸造酒に含まれる不純物はお酒の味わいを深め香りをよくしてくれる効果がある一方で、二日酔いの原因にもなります。なぜなら、肝臓はアセトアルデヒドを分解しながら、不純物も分解しないといけなくなるからです。そのぶん、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドが体内に長く残ってしまうので二日酔いになりやすいのです。

蒸留酒であれば不純物が入っていないので二日酔いになりにくいかと言うと、必ずしもそうではありません。蒸留酒の中でもメタノールが入っているものは分解に時間がかかってしまうため、やはり二日酔いになりやすくなります。

こうした観点から考えると、上記の分類においてはメタノールが入っていない蒸留酒が最も二日酔いになりにくいお酒だと言えそうです。混成酒は、元々のお酒が何かによって混ざり物やメタノールの有無などが異なります。また、醸造酒にも一部メタノールが含まれるものもありますので、絶対に二日酔いしたくないという場合は原材料を確認し、メタノール含有のものは避けておく方が良いかもしれませんね。

二日酔いしにくいカクテル

カクテルは酔いやすい、二日酔いしやすいと言う噂がありますが、実はカクテルの選び方によっては二日酔いを避けることも可能です。

お酒は3種類に分けられるで説明したように、蒸留酒の中でも不純物が入っていないものは体内で分解されやすいので、それらをベースにしたカクテルは二日酔いのリスクが低いと言えます。例えば、洋酒なら、ウォッカやジン、ラムをトニックやソーダで割ったカクテルがおすすめです。もう少しフレーバーを味わいたいときには、モスコミュールはどうでしょうか。ウォッカをジンジャーエールで割ったものにライムジュースとライムスライスが加わっているものなので不純物はほとんど入っていません。また、和のテイストのカクテルが好きな人には焼酎や泡盛をベースにしたものがおすすめです。

ただ、泡盛は二日酔いしにくいお酒ではありますが、度数が高いものもあります。カクテルには飲みやすいものが多いので、ベースになっているお酒の種類だけでなく飲む量にも気をつけるようにしましょう。

ページのトップへ