体質は変えられる?お酒に強くなる方法を公開!

  1. 体質は変えられる?お酒に強くなる方法を公開!

お酒に強くなる体質になれるの?

お酒が強い・弱いはやっぱり「体質」

お酒が強いか弱いかは、やはり体質によって決まるところが大きいと言われています。生まれながらにして持っている酵素が持つ分解能力が、お酒に強いか弱いかをある程度決定するのです。

アルコールが体内に摂取されると、まず肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)やミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)によってアセトアルデヒドに分解された後、アルデヒド脱水素酵素によって酢酸(アセテート)に分解され、最終的に尿や汗、呼気となって排出されます。

こうしたアルコールの分解に必要な酵素のうち、アセトアルデヒド脱水酵素の分解能力が高いN型と低いD型をみんな両親からそれぞれ1つずつ受け継ぎます。そうすると、組み合わせとしてNN型、ND型、DD型が生まれますよね。NN型は体質的にお酒に強いと言われ、一方DD型はほとんど飲めない体質だということがわかっています。ND型の人はある程度飲めるでしょう。

自分がどのタイプかは検査でわかりますので気になる人は調べてみてもいいと思います。NN型やND型ならば仮に現在お酒が苦手であってもある程度お酒を飲めるようになる方法はあります。

お酒に強くなる方法

お酒を頻繁に飲むと強くなるという噂を当たっていると思う人もいれば、当てにならないと感じる人もいますよね。その通りです。

ある程度お酒を定期的に飲むと、ミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)が活性化してアルコール分解能力は高くなります。でも、アセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)にこうした変化は発生しません。

例えば、元々ミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)とアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH)の分解能力が低い人の場合を考えてみましょう。前者を鍛えると酔いにくくなりますが、後者は鍛えられるものではないので酔う前に頭痛や吐き気は起こります。酔いにくさに焦点を当てると頻繁に飲むと強くなると言えますが、頭痛や気持ち悪さに焦点を当てると飲む回数を増やしても強くなるわけではないということです。

パーティーや宴会など、どうしても飲まないわけにはいかない機会がある場合は、ある程度お酒を定期的に飲むことで酔いにくくはなるので、訓練は多少役に立ちます。そんなときに、体調が悪くなったり二日酔いになったりするのを防ぐにはシジミがおすすめです。シジミには肝機能をサポートするタウリンが含まれているだけでなく、二日酔いの解消や疲労回復に効果のあるオルニチンも入っています。今はシジミエキスやタウリン入りのドリンク、オルニチンサプリなど様々なアイテムがありますので自分にあったものを探してみましょう。上手く取り入れると飲み会も少し楽になりますよ!

アルハラはうまくかわそう

お酒が飲めないのに飲まされる、弱いから断っているのに勧められるという行為はアルハラです。未成年の飲酒はそれ自体が問題ですが、毎年新歓の時期になると大学に入学した新入生が救急車で運ばれたり倒れ込んだりしているニュースが流れますよね。社会人になってもこのような行き過ぎた飲み方をする人はいますので、巻き込まれないように気をつけましょう。まず、飲めない体質だということをきちんと伝えてください。

と言っても、会社に悪気無くお酒を強要してくる人がいる場合は逃げ方が難しいですね。例えば、僕の友人で運転手役や見送りの役を担当するというポジションに自分を置いて、お酒を上手く断っている人がいますよ。具合の悪くなった上司の介抱なども引き受けていて、社内でも安心感のある人という評価を得ています。そこまで面倒見の良い役回りを毎回するのはしんどそうなので、同じように弱い人や飲めない人と宴会をスムーズに終わらせる係を交互に引き受けるのも手だと思います。終電までにみんなを駅まで送り届けることができれば、シラフの人がいてくれる有り難さに気づいてもらえるのではないでしょうか。

ページのトップへ