肝機能とオルニチンの関係性について

  1. 定期的なオルニチンの摂取がカギ!

定期的なオルニチンの摂取がカギ!

肝臓はダメージを受けている

お酒を飲むと誰でも肝臓にダメージを受けてしまいますが、ほんの少しの工夫で防ぐことも可能なのです。お酒を飲む前には必ずお腹に何か食べ物を入れておくことで、悪酔いや二日酔い、胃腸障害を防げます。飲んでいる最中には、水をよく飲んでおくことが大切です。この方法は案外知らない方が多いのですが、非常に効果的なので、是非取り入れていただきたい方法です。

また、飲んでいる最中のタバコはやめましょう。アセトアルデヒドを分解するのに必須なビタミンCを破壊してしまうことで、二日酔いの症状が出やすくなってしまいますので、愛煙者の方々は辛いかもしれませんが翌日苦しむよりは遥かに良いですよ。飲んだ後には、横になる前にコップ一杯の常温の水を飲みましょう。朝起きた時にも同様に飲んでください。睡眠もたっぷりととることを意識して、ゆったりとベットに入って休むと良いでしょう。

肝臓には優れた再生能力が備わっている

人間の体には元々再生能力が備わっていますが、その中でも肝臓の再生能力は素晴らしいものがあります。肝炎などの病気にかかってしまい、肝臓の細胞が壊死するような状況になったとしても元通りに再生し、肝機能自体を正常な状態に戻すと言う驚異的な力が備わっているのです。

だからと言って、お酒をたくさん飲んでもいいんだ、ということではありませんよ。例えば肝炎などに何度もかかってしまい、その度に再生するというパターンを何度も繰り返してしまうことによって、肝臓の再生能力そのものが低下してしまうので注意が必要です。

こうした理由から、普段から肝臓に負担をかけない生活をすること、少しでも負担を軽減させるような工夫が必要となってくるのです。どんな小さな体の変化も見逃さないように、普段から気にしておくこと、無理なお酒の飲み方はしないこと、最低限のケアはしておくことが重要なポイントとなります。

必要な栄養素をしっかり補給することが大切

肝臓をダメージから守るためには、内部からのケアが非常に有効とされています。中でも有名なのはオルニチンという成分を摂取することですね。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

オルニチンは必須アミノ酸と言われる成分で、アンモニアを分解してくれる重要な働きをしてくれるものです。そして肝臓自体の働きとしては、分解、解毒、胆汁の生成など仕事量も多く、日々激務というような状況なのです。そんな激務状態のサポートをしてくれるのがオルニチンで、肝機能をアップしてくれたり、疲労感を軽減してくれたりすることで私たちの肝臓を守ってくれているのです。

ざっと書きましたが、肝臓の働きとしてはおおよそ500個程あるそうですよ。大事に至る前に、日頃からケアしておきたい需要な臓器ですので、一番手軽で誰にでもできるところで言うとオルニチンのサプリを摂取するなどがベストな方法と言えそうです。

ページのトップへ