二日酔いの諸症状にしじみのお味噌汁などが効く理由について

  1. しじみのお味噌汁などが効く理由

しじみのお味噌汁などが効く理由

肝機能を保護するしじみ

二日酔いでお馴染みのしじみ。これには何か根拠があるのかどうか知らない方も多いようですので、簡単にまとめてみました。

肝機能を保護してくれるしじみにはオルニチンという成分が入っており、近年肝機能を向上させる働きがあることで注目されています。

オルニチンはアミノ酸の一種なのですが、肝臓のアンモニア成分を解毒したりして肝臓を守ってくれるなど二日酔いに対して非常に有効な働きをしてくれる成分なのです。

他にはアルコールの代謝を促進してくれる働きのアラニン、グルタミンなども挙げられます。解毒作用のあるタウリンも含まれており、これは肝臓の解毒作用のサポートをしてくれる重大な役割を担っている成分となっています。これらの成分が合わさって私たちの肝臓を守ってくれているのです。

なぜお味噌汁がいいの?

今なぜしじみのお味噌汁が注目されているのかご存じでしょうか。二日酔いにはしじみ単体で摂るよりもお味噌汁にした方がより効果的だということがわかっています。しじみの成分をより良く吸収する為に、味噌汁の中に溶けてしまった分もしっかりと補給することができるのが一つのポイントです。

アミノ酸の一種であるオルニチンやタウリン、グルタミンなどは水溶性なので加熱に非常に弱く、ただの加熱だと有効成分が半分以上減ってしまうことになるのですが、味噌汁の中に溶け出すのであれば全く問題ないというわけです。味噌にはコリンという二日酔いに良いとされる成分が入っていますし、味噌で失われた塩分を補給することが可能なので一石二鳥と言ってもいいでしょう。

二日酔いの朝にお勧め!お味噌汁の具5選

二日酔いの朝食に是非ともお勧めしたいお味噌汁の具を5つご紹介していきたいと思います。

名称 含まれる成分とその効果・効能
しじみ アルコールの分解・排出を促進する働きを持つオルニチンやアラニン、グルタミンが豊富に含まれている
あさり 肝臓の負担を和らげたり解毒作用を持つタウリンが含まれている
ブナシメジ 肝機能回復にも非常に有効とされるオルニチンが多く含まれている
なめこやオクラ 胃の粘膜保護をしてくれるムチンが含まれている
白菜 解毒作用があるグルコシノレートいう成分が含まれている

アルコールの分解・排出を促進する働きを持つオルニチンやアラニン、グルタミンが豊富に含まれたしじみの味噌汁がお勧め第1位です。肝機能回復にも非常に有効とされる成分が含まれているので二日酔いではなくても予防の為に普段から飲んでおきたいところ。

肝臓の負担を和らげたり解毒作用を持つタウリンが含まれているあさりの味噌汁はお勧め第2位です。できるならしじみとあさりのダブルの味噌汁を飲みたいですね。

しじみにも入っているオルニチンが含まれているのでお勧め第3位につけたのがブナシメジの味噌汁です。なんとしじみの5倍以上もオルニチンが含まれていますので是非食べたいところ。

胃の粘膜保護をしてくれるムチンが含まれたなめこやオクラの味噌汁は第4位です。アルコールによって胃粘膜がダメージを受けることを軽減してくれる働きがあります。

次は意外な野菜、白菜の味噌汁が第5位です。解毒作用があるグルコシノレートいう成分が含まれているのでブナシメジと一緒にお味噌汁にするのが理想的ですね。お味噌汁で手軽に二日酔い対策・解消をしていきましょう。

ページのトップへ