二日酔いの頭痛の原因と治し方について

  1. あの嫌な頭痛の原因と治し方

あの嫌な頭痛の原因と治し方

二日酔いで頭痛が起こる3つの理由

二日酔いで起きる頭痛には3つの原因が挙げられます。一つはアルコールによる血管拡張による頭痛で、偏頭痛と同じ仕組みだそうです。心臓の音と同じタイミングでこめかみなどが脈打つ感じがする場合は、このタイプの頭痛だと考えてよいと思います。

二つ目は、二日酔いなどで起きた嘔吐での脱水症状による頭痛がありますが、これは髄液と呼ばれる脳を守っている体液が減ってしまうことが原因になっているそうです。髄液が減ると脳が直でダメージ受けることになるのでそれが痛みとして現れてしまうのです。起き上がると頭痛が酷くなり、安静にしていると治る場合はこのタイプと考えてよいでしょう。

三つ目はアセトアルデヒドによる頭痛ですが、このアセトアルデヒドはアルコールが酢酸に変化する過程で発生するもので大変強い毒性があり、これが悪さをして頭痛を引き起こしているそうです。またアセトアルデヒドは頭痛だけではなく、二日酔いの様々な症状を引き起こす原因としても知られています。

原因に沿った対処法

前章では3つの頭痛の原因をご紹介しましたが、ここではその対処方法をお伝えしていこうと思います。

一つ目は偏頭痛と同様の対処法方になりますが、こめかみなどがズキズキと脈が打つように痛む血管拡張による頭痛への対処方法は、まずはとにかく太い血管やこめかみ部分を冷やすことがポイントになります。血管を無理やりアルコールで拡げてしまっていることが原因なので、収縮させる為に冷やすのです。首もと、こめかみなどを冷却シート、無ければ缶ジュースや冷えた飲料水のボトルなどを代用しても良いと思います。

二つ目は脱水症状による頭痛への対処法方ですが、これは髄液が減少していることが一番の原因になりますのでスポーツドリンクやブドウ糖が入った飲料水などの体液に似通った浸透水をとって対処してください。とにかく脱水症状を治めることがポイントです。

三つ目はアセトアルデヒドによる頭痛への対処方法ですが、これはかなり毒性の強い成分で体内から分解、排出されるまで症状が続いてしまいます。とにかく安静にしていること、最近では蜂蜜がアルコールの分解を早めると言われているので試してみると良いでしょう。

ページのトップへ